「サイバートラック」ひび割れ窓ステッカー完売、過去の失敗を逆手に




米電気自動車(EV)メーカーのテスラが電動ピックアップトラック「サイバートラック」の付属品として、割れた窓ガラスのステッカーを55ドル(約8000円)で販売を開始したところ、数時間で売れ切れとなった。

  この商品は2019年11月に行われたサイバートラックの発表会での失敗にちなんだもの。デザイン責任者のフランツ・フォン・ホルツハウゼン氏が窓ガラスの強度を示すために金属の球を投げつけるパフォーマンスを行ったところ、ガラスにひびが入るハプニングが起きた。テスラは今回、その際のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のつぶやきを逆手に取って「OMFG」ステッカーとして商品を販売。過去の失敗も利益に変えている。

  マスク氏は11月30日、サイバートラックの納車開始イベントで、フォン・ホルツハウゼン氏に実演のやり直しを依頼。今回は野球のボールを使ってのパフォーマンスとなったが、窓ガラスは衝撃に耐えることができた。テスラはウェブサイト上でサイバートラックの予約受け付けを再開したほか、55ドルのステッカーから6500ドルのカラー塗装フィルムまで、さまざまな付属品を提供するページを開設した。

🄰🄻🄺🄾🅄🄺🄷

Previous Post Next Post